×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クリスマスソング
水中、それは苦しい(スイチュウソレハクルシイ)
メル・トーメ作の「THE CHRISTMAS SONG」とはもちろん別物。
正確には、「水中、それは苦しい」の前身バンドの作品で、ライブ盤「ひとりで生きる」のボーナストラックとして収録されています。

ごもっともとしか言いようのない奇妙な名前のこのバンドは、ヴォーカル、アコースティックギター、バイオリンの3人ユニット。と書くと「グレープ」みたいなサウンドを想像してしまいますが大間違い。ひたすら咆哮するヴォーカル、妙に律儀にリズムを刻むアコギ、それにわざとらしくも頼りないバイオリンと、音色は名前以上に奇怪です。
さらに歌詞は駄洒落だらけで、アドリブなら確かに凄いし、もしちゃんと作ってこれならそれも別の意味で凄い。
さらにさらに、アルバム「ひとりで生きる」の後半11曲は前身バンドの作品で、ヴォーカルは違う人のはずなんですが、当時から「咆哮」が一緒なのも凄い。
しかも、当惑しつつ聴き終えたら、なぜか元気になった気がしたんですよ。何よりこれが凄い!
ま、私だけの錯覚かも知れないんですがね。

(2003/3/9)
ひとりで生きる
1997/12/25 OZD-047 OZ DISC
1 機動戦士マスゾエ
2 上田敏2物語
3 小便だらけの湖
4 トラック上走行演奏
5 ゆびしんいち
6 撲殺パピコ(チョココーヒー)
7
8 ゆびしんいち
9 夏の力士
10 サンダーレイプ
11 少女
12 頻尿の人
13 もげもげ先輩
14 もやしラーメン
15 妖怪
16 ニセモノ
17 遠藤賢司
18 もげもげ先輩
19 オレはカラス
20 筋肉について
21 今日は十五夜
22 燃えるシーサイド
23 クリスマスソング
24 徒然草
25 東北新幹線
26 夏のおわり
27 我が友コケコッコー
28 20億光年の孤独
29 おお、ゴリラ

ひとりで生きる