×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お願いはひとつ
井上 陽水(イノウエヨウスイ)
何年か前、テレビで井上陽水のインタビュー番組を見ていたら、「自分で一番気に入っている曲は?」と質問された陽水氏が、『ジキルハイドまでが…』と1フレーズ歌って「このへん良いんじゃないですか?」と答えていました。
この曲こそが「お願いがひとつ」。
一風変わった陽気なテンポとメロディーで、私の大好きなクリスマスソングです。

私は勝手に、井上陽水のバイオグラフィーを4つに分けて考えていまして、第一期(デビューする)、第二期(カタカナや外来語を多用し始める)、第三期(テレビにしばしば出始める)、そして第四期(キャラクターが注目される)です。また活発になった最近が第五期かもしれません。
とりわけ第三期が始まる82年は鮮烈で、NHKでライブがテレビ放送され、「ダンスはうまく踊れない」が高樹澪でリバイバルヒットし、沢田研二のアルバム「ミスキャスト」に全曲提供して話題になり、そしてこのアルバムもその82年のリリースです。

宮澤賢治「雨ニモマケズ」を題材にした「ワカンナイ」、メロディーが一際美しい「カナリア」など、陽水ならではの個性的な曲がズラリ。また「リバーサイド・ホテル」は後にドラマ主題歌になり再ヒットしました。
クリスマスソングファンならずとも、買って損のない1枚です。

(2003/3/9)
LION & PELICAN
1982/12/05 28K-45(LP) フォーライフ
1 とまどうペリカン
2 チャイニ−ズ フ−ド
3 約束は0時
4 愛されてばかりいると
5 カナリア
6 ラヴ ショック ナイト
7 リバーサイド ホテル
8 お願いはひとつ
9 ワカンナイ
10 背中まで45分

LION&PELICAN