×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

落語のクリスマス

変り種のクリスマス音源をご紹介します。

クリスマスソングではありません。
三代目三遊亭圓右による創作(改作?)落語のカセットテープです。(隣の画像はその後入手したCD)

演題はずばり「クリスマス」。

貧乏なアパートの住人たち(長屋ではないのです)が、いつも世話になっているお医者さんにお礼をしようとする話。
そのお医者さんは、皆が貧乏なのを知っているから診察料を受け取ってくれない。
代わりにお礼の品を持っていくと、あげたものより高価な返礼をされてしまう。
なんとか返礼されずにお礼が出来ないものか、と寄り集まって考えたあげく、クリスマスに、サンタクロースに扮して
お医者さんの坊ちゃんにプレゼントをあげることを思いついた。
イブの夜、めいめいが(変な)プレゼントを持ち寄り、いざお医者さんの家に・・・

時代設定はぐっと新しいんですが、落語ならではの人情味にあふれた噺です。

「12月25日てえのは、西洋ではお正月みたいなもんだそうで」
「へえ・・・」
「正月を暮れに済ましちまうんで、暮れ済ます、て言うらしいんで・・・」

カセット  CD