×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

9月のクリスマスネタ

8歳の少女バージニア・オハンロンちゃんが、ニューヨーク・サン新聞社に手紙を出した。
「サンタクロースは本当にいるの?」

この質問に、フランシス・P・チャーチという記者が返事を書き、同紙の社説として掲載された。
今から100年以上前の9月、正確には 1897年9月21日のこと。

この社説が、今なお世界中の人々に感動を与え続けている話は有名である。
詳しくこの話をお知りになりたい方は、もっとちゃんとした別のサイトで取り上げられているはずですから、そちらをご覧下さい。

さてここで私が注目するのは、バージニアちゃんでも名文を書いた記者でもない。
ミスター・オハンロン。バージニアちゃんの父親である。
なぜなら、彼なくしては、この感動のエピソードは生まれ得なかったからだ。

「サンタクロースは本当にいるの?」
我が娘からそう質問されて、もし彼が自分で答えてしまえばそこで話は終わり。ありふれた家庭の一コマである。
それがどんなに素敵な答えであろうと、どんなに陳腐な答えであろうと。

ところが彼は違う。可愛い娘の無垢な質問に、彼は言い放った。

「ま、新聞にそう書いてありゃ本当だろ」

何たる他力本願。何たるその場しのぎ。

そして、何たる妙案。
将来わが子から「赤ちゃんはどこから産まれるの?」とか「人は死んだらどうなるの?」とかいった
ややこしーい質問を浴びせられたら、「ま、そのうち新聞に出るだろ」と答えよう。
これで我が子は、答えを知りたいがために新聞を毎日読み続け、活字離れはしない。
それにうまくすると、100年以上語り継がれる感動話がそこからまた生まれるかも知れないではないか。

(*当初の文章はあまりに意味不明だったので、2003/6/2ちょっとだけ手直し)