×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ギャンブル

といっても賭博ではありません。まあそれもやらんではないが。

中古CD店で、10枚で500円とか、激安処分セールをやったりすることありますよね。こういう時、ギャンブルに走ります。「冬の・・・」とか「なんとかスノー」とかいった曲名が入ってて、かつ11月前後にリリースされたCD、つまりクリスマスソングが隠れていそうなCDを試しに買ってみるわけです。

買って帰ってさあ勝負!まず歌詞を確認。ただの冬の歌だ。いやいや、まだ希望はある。アレンジがクリスマス風(鈴がシャンシャンとかね)かも。しっかり最後まで聴く。ちっ。やっぱり違う。あーあ。

このギャンブルの通算勝率は2割以下。せめて新庄並になりたい。

さてハズしたCDのその後ですが、「中身を捨てればCDケース。買うより安いゾ」という考えかたも正しい。
でもね。アーティストの気持ちがこもってるCDというのはただのプラ板じゃないんでしょうね。捨てられません。といって中古屋さんも引き取ってくれないんだよなあ。

こんなCDが、ああ何十枚も。
あっ。そのうち皆さんへのプレゼントにでも・・・いらないか。